近江ちぢみ ~しぼが清涼感を生み出す夏に最適なきもの~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

“近江ちぢみ“

“近江ちぢみ“は400年の伝統ある技術によって織り上げられた強撚糸使いの織物を、昔ながらの技法(しぼ取り板“と呼ばれる板の上で手作業によって揉み出される)匠の技新しい技術を組み合わせた加工法によって作り出された“しぼ”加工品です。

“しぼ”は肌と生地の接着面を少なくして風を通し、べとつき感を取り除き通気性を増幅し爽やかな清涼感を味わう事が出来ます。

この加工法が、麻の硬さを和らげシャリ感と程よい肌触りが得られます。

“麻“の特徴

麻は植物学上では50種類以上有ると言われています。

代表的なものに亜麻(リネン)・苧麻(ラミー)・大麻(ジュート)等が有りますが衣料品で“麻“と呼ばれるのはその中でもしなやかさと光沢に優れた‘リネン’と‘ラミー’です。

麻のさらっとした肌触りと清涼感は汗をかく季節に最適です。

麻の繊維にはストローの様な通気口があり、体の熱を外に発散し同時に水分(汗)を吸い取る働きをする天然のエアコンです。

高温多湿の日本の夏には最も適した繊維といえます。

その他にも、汚れが落ちやすい・洗濯に強い・渇きが早い等、多くのメリットがあり清潔さと丈夫さを兼ね備えた最適の繊維です。

 

先染めの麻糸です。

“近江上布”700年の歴史

鎌倉時代に京都の職人が近江の国に移り住みその技術(麻織物)を伝えた。

昭和52年に国の伝統工芸品の指定を受ける

近江に麻織物が発達した理由

  • 愛知川の豊な水と琵琶湖がもたらす高湿度。
  • 近江商人の活躍

麻織物(麻布・蚊帳)を全国に売りさばき、帰りに東北地方の青苧・

奈良の苧麻などの麻織物の原料を持ち帰る。

  • 江戸時代

彦根藩の保護を受け農家の副業として浸透し、その頃から染の技術が

進歩し“近江上布”の上品な絣模様が生まれた。

近江ちぢみのデザイン

近江ちぢみのデザインは、シンプルで飽きのこない落ち着いた柄になっています。また、複数の色糸を使ったグラデーションも得意で、大人っぽい雰囲気を出すことができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*