浜松木綿(遠州木綿)~使うほどに馴染む風合いと色合い~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

遠州木綿(えんしゅうもめん)は、静岡県西部遠州地方の伝統生地である。

<遠州木綿の歴史>

浜松は綿花の栽培に適した高温多湿の地域であり、古くから綿織物が栄えていました。江戸時代になると、事業化され、量産化されていきました。しかし、他の木綿同様、明治維新後の洋装化、合繊化の流れによって生産は縮小していっています。

<遠州木綿の特徴>

遠州木綿はいわゆる「紬」とよばれる種類の生地になります。紬はあえて節(ふし)の多い糸を平織で織り、独特の風合いを出しています。

 

<遠州木綿の柄>

いわゆる「遠州縞」のような柄が有名です。伝統的な柄ではありますが、決して古さを感じさせないところが遠州縞の特徴です。現代に多いインクジェットプリントによる柄付けなどでは絶対に表現できない味わいがあります。どんな年齢層の方でも着られるようなデザインで、飽きがきません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*