伊勢木綿産地の臼井織布を訪ねてきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

伊勢木綿

伊勢木綿の産地である三重一身田を訪ねてきました!
一身田の写真
(京都から車で行きました、高速道路を使って約2時間ぐらいです。)
そもそも伊勢木綿とは・・・
日本には綿の産地が複数あり、この伊勢地方もその1つでした。この伊勢地方の木綿生地は、単糸を使っており、使い込むほどに柔らかくなり、風合いがよくなるという特徴を持っていて、まさに普段着の着物の素材としてはバッチリです!!
今現在、こうやって見直されている伊勢木綿ですが、ほんの数十年前までは、あまり注目されていませんでした。

しかしながら、今現在は、着物はもとより「手ぬぐい」「パジャマ」など、さまざまな形で日本中で愛されています!!今では靴やいすの革の代わりなどにも用いられ、ますますひろがる一方で、海外の方のお土産としても愛されています。

現在、この伊勢木綿を製造されているのは、「臼井織布」さんだけであり、さっそく訪ねてきました!
一身田の写真
(木造で、非常に雰囲気があります)
一身田の写真
(店内写真です。ディスプレイ用に着物が1着きせられており、それ以外にも伊勢木綿を使った商品がたくさん並んでいます)

織物を織る工程を軽くご紹介します!また後日、詳しくUPしますね♪
① いわゆる「先染め」の糸を使用します。先染めとは、生地を織る前に、糸の段階で染めることを言います。
一身田の写真
② 織機に使えるように、糸を整理します
一身田の写真
③ 生地を製織します・・・使われている織機は中には100年以上稼働しているものもあります。古い織機でも、常に丁寧にメンテナンスが行われ、品質が維持され続けています。
一身田の写真
(伊勢木綿をチェックしている人にはおなじみ!?の柄が出てきました!)
一身田の写真
(何台もの織機が並んで稼働しています。壮観ですが、その分音もすごいです(笑))
④ 生地の「糊」などを洗い流す作業に入ります。
一身田の写真
⑤ 生地をたたみながら、検反を行います
一身田の写真]一身田の写真
⑥ 着物1着分(約12.5メーター)に巻いてできあがり!

こうやって織り上がった伊勢木綿を、1着ずつ丁寧に縫製させていただきます。松村糸店では、Mサイズは即納OK 、その他別サイズでも受注生産が可能になっております!よろしくお願いします。
一身田の写真
一身田の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*