会津木綿とは 〜珍しい保湿性に優れた木綿〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

会津木綿は、木綿平織の堅牢な織物で、古くから野良着などとして広く着用されていた。紺地に白い縞を織り出すものが元々一般的だったが、現在は赤や緑など様々な色の縞柄が織られている。

会津木綿の背景

天正年間創業、会津木綿の歴史

会津の綿花栽培は、天正年間に蒲生氏郷が執った産業振興策に由来するという。

実は外国の木綿の影響を受けています

寛永4年(1627年)には、加藤嘉明が以前の領国である伊予国松山から織師を招いて、会津に技術を広めた。伊予国はこの頃、瀬戸内交易の影響で、外国風の木綿の縞織物を特産品としており、これらの「伊予縞」(いよじま)と呼ばれる織物の技術が、現在の会津木綿の多彩な縞模様の素地となった。

会津木綿の特徴

洗濯も可能な耐久性!

厚みがありふっくらとした質感で、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくい性質があるため、家庭での洗濯にも耐えるほどである。

赤や緑など様々な色の縞柄♪

木綿平織の堅牢な織物で、古くから野良着などとして広く着用されていた。紺地に白い縞を織り出すものが元々一般的だったが、現在は赤や緑など様々な色の縞柄が織られている。

汗をよく吸い込む保温性

経糸を小麦澱粉の液に漬けて固く糊付けし、横糸を織り込んでいく工程に特徴があり、糊付けしたことによる細かな節が経糸と横糸の間に空気の層を含む役割を果たしている。生地によく空気を含むため、汗をよく吸い込み保温性に優れる。

会津木綿の生地デザイン

伝統ある縞柄が可愛い!

赤や緑など様々な色の縞柄が織られている。

会津木綿の利用シーン

普段着としてご利用いただけます。

使いやすい色合いで、着こなしがしやすい。

会津木綿の小袖スコア


ご自宅の洗濯機で洗濯頂けます。

 


防虫効果があり、保管は非常にし易い生地です。

 


木綿で有りながら保湿性も高く季節を問わず着用頂けます。

 


個性的な柄の分コーディネートが難しいですが、個性を楽しみたいあなたにはおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*